鹿児島のヒーロー・西郷隆盛、”せごどん”の足跡を辿る

>観光タクシーモデルコースのTOPへ戻る

薩摩藩下級武士から藩主・島津斉彬に見いだされ、明治維新を成し遂げ、サムライの時代から近代国家・日本への新たな道程を作り上げるため、文字通り命を賭けて戦った西郷隆盛。鹿児島では親しみを込めて「西郷(せご)どん」と呼ばれています。
2018 年のNHK 大河ドラマは鈴木亮平さん主演で「西郷(せご)どん」が放送されます。
今も鹿児島に残る“せごどん”の足跡を第一交通タクシーで巡る旅はいかがですか。

鹿児島市内発着の場合/所要時間4時間〜 ※1台あたりの目安です
●小型車 [定員4名] :16,000円〜 ●大型車 [定員4名] :23,000円〜 ●ジャンボタクシー [定員9名] :24,000円〜

   ○プランの一例です。詳細についてはお問い合わせください。○送迎場所、時間、コース内容についてはご自由に設定可能です。
   ○料金はタクシー料金のみで施設等入場料、プログラム参加料、飲食費、駐車料等の料金は含まれておりません。

[お問い合わせ・お申し込み]
鹿児島第一交通(株)観光タクシー担当 099-286-5804 (営業時間 09:00〜17:00)

  • 鶴丸城跡

    写真準備中

    慶長6 年(1601) ごろに島津家第18 代当主・家久が築いた、天守閣をもたない屋形造の城の跡地。島津斉彬や江戸へ輿入れする前の篤姫もここで数か月を過ごしています。現在は石垣とお堀りが残っており、お堀沿いに続く道は季節の花が咲き、散策コースとしても人気です。

  • 南洲墓地

    写真準備中

    南洲墓地には、明治10 年(1877)西南戦争に敗れた西郷隆盛ら薩軍2023 人の将士が眠っています。西郷隆盛を囲むように志士たちの墓石があり、知っている人物のお墓を探してみるのもいいですね。墓地から望む桜島も必見です。

  • 仙巌園

    写真準備中

    仙巌園は、江戸時代初期に島津光久によって築庭された島津家代々の藩主の別邸。中国龍虎山の仙巌にちなんで「仙巌園」と名付けられた。四季折々の美しさに加え、桜島と錦江湾を借景に取り入れた雄大な風景が楽しめる大名庭園。

  • 城山西郷洞窟

    写真準備中

    西南戦争で政府軍に追い詰められた西郷隆盛と側近たちが、最後の5日間立てこもった洞窟。この洞窟を出た後に、別府の介錯により49 歳の生涯を閉じることになりますが、西郷隆盛の最後の境遇を偲ぶことができる場所です。

  • 照国神社

    写真準備中

    照国神社は島津28 代の英明な藩主と言われた島津斉彬をまつる神社。鹿児島で最も大きい神社で、初詣や夏祭りの六月灯などには、多くの参拝客でにぎわいます。境内や隣接する公園には島津三公の銅像や資料館があり、鎌倉時代から続く島津家の歴史を感じられる場所です。

  • ザビエル公園

    写真準備中

    キリスト教の布教のために来日し、最初に鹿児島を訪れた宣教師フランシスコ・ザビエル。その功績を讃えて建てられたザビエル教会は第2 次世界大戦で焼失したが、石造りの旧聖堂の一部とザビエルの胸像が公園内に残されています。その他、薩摩出身の弟子たちの銅像や公園向かいにはザビエル記念聖堂があり、キリスト教伝来の様子がうかがい知れるところです。

  • 維新ふるさと館

    写真準備中

    明治維新に活躍した偉人の出身地である加治屋町にある「維新ふるさと館」は、鹿児島の歴史や偉人たちの偉業が一目で分かる歴史観光施設。多彩な演出で2 本のドラマが楽しめる維新体感ホールをはじめ、煌びやかな篤姫の世界や薩摩独特の「郷中教育」を体感できるコーナーなど、テーマ別に展示されており、楽しく歴史が学べるスポットとして人気です。

ページのトップへ戻る